【合併症に注意が必要】様々な症状を引き起こす糖尿病

病棟

治療は長期にわたる

男性

通いやすい所を選ぶことが岡山で透析治療を受ける際に重要なポイントです。また、様々な制度を利用することで、費用負担を軽減させることが出来る場合もありますので、医療機関に相談するようにしましょう。

View Detail

Recommended Links

  • その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

    糖尿病の症状が悪化してしまう前に、病気の原因や初期症状を知っておきましょう。改善させるためのアドバイスも紹介されていますよ!

ホルモンを抑制

男性

甲状腺はホルモンの分泌のコントロールを行っていますが、機能低下によって乱れが生じることがあります。それによって発症する病気がバセドウ病です。この治療には放射性ヨード治療です。放射性が加えられた薬を服用することで口授腺を部分的に破壊して分泌を抑制します。

View Detail

すぐに不調を改善できる

医者

新宿にある内科は、オフィス街から近く、会社の休み時間や帰りに受診できるところが多いです。急に具合が悪くなった場合や、大切な会議の前などに、即効性のある薬を処方してもらうことで、すぐに体調を回復することが可能です。

View Detail

合併症にならないように

看護師

予備軍も多い病気

糖尿病は日本国民の五人に一人の割合で、患者か予備軍がいると言われているほどの国民病です。一度糖尿病にかかると完治はしませんが、血糖コントロールをすることで深刻な状態になることを防ぐことが出来ます。糖尿病になると、様々な症状が現れます。代表的な症状には、倦怠感・尿の量が多い・尿に糖が出たり泡立つ・たちくらみ・視力障害・のどが渇くなどがあります。これらの症状は見逃しやすく、痛みや苦痛も少ないため治療を受けない人もいます。しかし、治療を行い血糖のコントロールをしなければ症状はどんどん悪化してしまいます。糖尿病で一番恐ろしいのは合併症にかかることです。合併症には腎臓障害や神経障害などがあり、命の危険もあるのです。

血糖コントロールをする

糖尿病による腎臓障害により、人工透析を受けなければならなくなった人はたくさんいます。また視覚障害を起こすと視力の低下や、ひどい時には失明の危険もあります。また、神経障害により、足の痛みや怪我・傷などに気が付かず、細菌感染から壊死することも多く、最悪の場合切断を余儀なくされる場合もあります。これらの合併症にかからないようにするには、糖尿病の治療を行い、血糖のコントロールをすることが重要です。規則正しい生活や生活習慣を整えることや、血糖のコントロールをした食事療法が治療の中心になります。糖尿病患者は肥満や運動不足・過食気味の人が多いため、甘いものや脂質が多いものなどは避け、野菜や魚などを中心とした食生活を心がけることがとても大切です。