【合併症に注意が必要】様々な症状を引き起こす糖尿病

看護師

治療は長期にわたる

男性

施設選びのコツ

岡山で透析治療を受けるという場合には、施設選びが大切になります。透析治療は、状態にもよりますが、一週間に2回から3回程度、定期的に治療を受ける必要があります。その為、岡山で治療を受けるという場合には、通いやすいということはもちろん、治療時間にも注目をするようにしましょう。いつでも治療を受けることが出来るという人は別ですが、そうではないという場合、例えば日中は仕事をしているという場合や移動手段を持たないという場合には、夜間の透析を行なっているところや送迎サービスを行なっている施設を選ぶようにしましょう。なお、岡山には複数の施設がありますので、それぞれの施設の特徴を知った上で選ぶということが重要になります。

様々な制度

岡山でも複数の施設で行われている透析治療ですが、この治療は健康保険の対象となります。その為、国民健康保険や社会保険下では、本人やその家族ともに本来の治療費の3割負担で治療を受けることが出来ます。また、血友病や後天性免疫不全症候群などの特定疾患である場合には、特定疾病療養制度を利用することでさらに費用を抑えることが出来ます。なお、この制度を利用するためには、特定疾病療養受領証が必要となりますので、医師の診断を受け、申請をするようにしましょう。慢性腎不全で人工透析を受けているという時には、障害者年金2級以上に該当し、認定された場合には障害者年金を受給することが出来ます。認定については、検査結果や日常生活の状況により判断されます。